~タイトルはこれから~

自分の成長を感じるために、感じたこと、思ったことを文字に残します

#37 股関節の動きについて

ありがたいことに僕は現在様々なチームサポートに関わらせてもらっています。

そこで感じることは「やっぱり股関節って大事だなぁ」と最近は感じます。

もちろんこれまでも「股関節の動きは大事」と言うのは認識していましたが、なぜ最近になってさらに「大事」だなぁ。と感じたのかと言うと、サポートしているチームで中学校のバレーボールチームがあります。

f:id:kani25:20190118010040j:plain

片方のチームは素人の子どもたちが数名いて1,2年生合わせて10人前後の公立中学校。

もう片方のチームは小学校のころからバリバリにバレーボールをやっていて、技術もピカ一の私立の中学校(大阪府内でベスト4に入るくらいの学校です)

 

どちらのチームもニーズはバレーボールにおいてのパフォーマンス向上と傷害予防になります。

 

さて、実際に僕が選手たちに行っているトレーニングですが、2つの中学校でやっていることはそんなに変わりません。

バレーボールのスキルに関しては差があるのですが、身体の使い方と言う面ではスキル関係なくそこまで差がありませんでした。

そこで僕が特に力を入れて指導をしているのが「股関節の動き」です。

この「股関節の動き」ですが、具体的にどんな動きかと言うと「スクワット」です。

f:id:kani25:20190118010945p:plain

とにかくこのスクワットの形にこだわりました。

理由は「基本動作」だからです。

バレーボールは「ジャンプ」「レシーブ」などの動きの際に必ずこのスクワットの形になりますね。※厳密には若干違うのですが、、、

とにかくこの形がとれていない選手が非常に多くて最初は戸惑いました。

身体の硬さもあるのですが、大体の選手は「スクワットの正しい形を知らない」と言うのがほとんどです。特に女の子だと余計にそれが顕著に表れます。

「スクワットをしてみて?」と言うと大抵の選手が

・膝のお皿が内側を向く

・膝が爪先よりも前に出る

・背中が丸くなる

など様々な動きのエラーを起こします。

この動きをやり続ければ、膝を痛める、腰を痛める、股関節痛める、一見関係ない様に見えますが肩の痛みの原因なんかにもなってきます。

 

そんな感じの選手が多く、案の定先ほど挙げたケガを抱えた選手が多数いました。

 

そこで「とにかくこの形を取れないと何も始められない!」と思ってとにかくこの形をとるためのトレーニングを徹底して行わせました。

チーム指導になるので個別対応が難しかったですが、人数が少ない分一人に費やせる時間はそれなりにあったのと、チーム全体での共通点と言うのもあったので比較的修正は楽にできました。

また、ありがたいことに指導者の方が非常にトレーニングに理解のある方で週1回は必ずトレーニングの日を設けてくれました。

さらにさらに嬉しいことに選手の意識が高く、毎回帯同するたびに前回課題で上げてくれていた部分をしっかりと修正してくれています。

そのおかげもあってこの「スクワット」の形はキレイに取れるようになってきました。

 

すると、すると体力測定の立ち幅跳びの距離が20~30cm伸びたり、垂直飛びの高さも5~7cm伸び様々な効果が出てきました。また、膝や腰のケガが減ってきました。

これはどちらのチームに関しても共通していることでした。

※もちろん全員が全員劇的に伸びたわけではなくチームの平均として伸びたということです。

 

数字が伸びてくているのはトレーナーとして嬉しいのと、もう一つ嬉しいのがプレーの中での動きが全然変わってきました。指導者の方から見ても動きが変わった程です。

そこから公式戦などでも優勝するくらい力をつけ、選手も指導者も改めてトレーニングの重要性を感じてくれました。

 

”股関節の動き=スクワットのフォーム”

 

を改善することで様々な恩恵を受けることができました。

 

これまでチームに関わらせてもらう機会はありましたが、ここまで明確に結果が出るのは初めてです。

指導させてもらっている2つのチームどちらもここまで上がるとは。。。

基本的な動作の質を向上させることで競技のパフォーマンスの向上に直結するのは感じることが出来て僕はトレーナーとして非常に良い経験をさせてもらいました。

 

具体的にどんなトレーニングをした?とかは書きません。

とにかく今回の記事で言いたかったのは「股関節の動きは大事=スクワット

のフォームが大事」と言うことと、理解のある指導者と意識の高い選手のおかげで良い経験をさせてもらったということです。

 

最近、見ているチームの結果が出ているので文字に起こしてみたかったので今回書かせてもらいました。

 

文章力はこれから身につけますね。

#36 発達ピラミッド

さて、前回の続きなのですが今回は短めに。

 

前回は「学習の土台を整えるためには左右の脳がしっかりと機能しないといけない」ということをお伝えしました。

 

今回は言語や学習、コミュニケーションは動き(姿勢)・感覚・呼吸の発達の土台に支えられているというピラミッドに関してです。

こちらの図が発達のピラミッドになります。

f:id:kani25:20190116011022j:plain

僕自身これを見て「なるほどなぁ」と思ったのと、「そこもかぁ。。。」と感じたのが正直な感想です。

 

呼吸が大事と言うことはここ数年言われ始め、意識的に見たり行ったりしています。

人間が出生して一番最初にするのが呼吸ですので、この呼吸に問題があれば様々なことに影響すると言うのも理解していました。特に「動き」に関しては「呼吸が適正されなければ動作も適正化されない」と言われるくらいなので。

ただ、その上の二つまでは考えがいかなかったです。と言うよりも結びつかなかったです。

「言語」「学習」「コミュニケーション」これらと「呼吸」がどのように繋がっているのか?

それは「原始反射」と呼ばれる、胎児期・乳幼児期の課題を統合(卒業)出来てないがゆえにベーシックな動き(呼吸)の発達が未完了になっているためです。

 

この「原始反射」は非常に大事なことなのですが、これが統合できていないことによって子どもの時だけでなく、大人になってからも様々な問題を抱えていくことになります。

但しこれに関しては大人になってからでも克服することは可能となっています。

 

方法は本を読んで頂ければと思いますが非常におもしろい!

 

さて今回はこんな感じで中途半端で何を伝えたかったのか分かりませんでしたが勘弁してください。

 

大事なポイントは「言語」「学習」「コミュニケーション」など人間らしい社会生活を過ごす上で必要な要素は日ごろから行っている呼吸、また胎児期・乳幼児期の時の課題を統合(卒業)することで成り立っているということです。

これらが上手く出来ていない、卒業できていないことで何かしら弊害になってしまっている。

そんなところですね。

 

では、また次回。

#35 人間脳を育てる

ご無沙汰しています。

 

さて、今回は久しぶりに本を読み終えたのでそれについてのアウトプットをしていきたいと思います。

今回読んだ本のタイトルは

「人間脳を育てる~動きの発達&原始反射の成長~」

になります。

f:id:kani25:20190115014756j:plain

職場の方が読んだのをSNSで知り、さっそく借りて読んだのですが非常に分かりやすく書いてあったので頭の中に入ってきやすくかったです。

それにこれまで参加したセミナーなどで「感覚統合」などの話が出てきていたのですが、なかなか理解に苦しんでいたのが正直なところでした。

こちらの本は「発達支援コーチ」として活躍している「灰谷孝さん」が発達に課題を持つと言われている子どもたちに対して、「動きの発達」「原始反射」という視点から実際に行っているプログラムや考え方を皆さんにも知って欲しいということで書かれた本になります。

 

①学習の土台 動きの発達・四段階を知る。

人間の身体と言うのは

「左半身・右半身・背骨が使えるようになって初めて学習の土台が整う」

と、本の中に書いてありました。

これがどういうことかと言うと、まずみなさんも頭の中でイメージをして欲しいのですが、「右手にお箸」「左手にお茶碗」「背筋をまっすぐ伸ばしてご飯を食べる子ども」をイメージしてください。

灰谷先生はこの状態が自然に出来るようになって、初めて人間の脳は人間としての学習が出来ると仰っています。

どういうことかと言うと、、、

1:脳が身体の真ん中を把握している。

2:身体の左右が別々に使える。

3:しかもその動きが統合している。

と言うことになります。

主に脳の右側は身体の左側に、そして脳の左側は身体の右側に司令を送っています。

ですので、こういったポーズをとれるということは、

・左右の脳がそれぞれに機能をしている。

・しかも左右の脳が協調した動きが出来ている。

となります。

また、左右の脳がしっかりと役割を果たせることと言語活動は関係があり、言語活動は左右の脳の共同作業になります。

その脳の共同作業が行えているということは、それぞれの脳が果たす

・同時処理(全体をとらえた処理)

・継次処理(順序立てた処理)

が両方行えているということです。

この「同時処理」と言うのは私たちが文字を読む時に必要になる能力の事です。

例えば「わたし」という文字を読むときに「わ」「た」「し」と言う字を一字一字処理する機能と同時に「わたし」という塊として認識する力になります。

この能力が低下していると(脳の共同作業が出来ていない)文字の処理に時間がかかってしまいます。

そのため、左右の脳がコーディネートできていない発達段階で就学すると学習上の不便さが発生してしまいます。

 

最初にイメージしてもらった「お箸とお茶碗を持ったご飯を食べている子ども」の姿と言うのは最初に目指すべき形になります。

・左右別々の動きが出来て、しかもそれが自然に統合できる状態

・自分の背骨のありかがわかっている状態

・お茶碗とお箸が出会う身体の真ん中(正中線)が分かっている状態

まずはこの形が「自然」と出来るようにアプローチが必要になります。

 

また、イメージしてもらいたいのが子どもたちが学校で授業を受けている時の姿勢もこの形と同じですよね?

黒板の文字をノートに写す際も、両目でしっかりと文字を見ますが、この時も左右の脳がしっかりと機能してコーディネートする必要があります。

左右の目が別々で使えつつ、共同で動くことで焦点を合わせることができます。

黒板の文字をノートに書く作業はこれの繰り返しになります。

これが出来ないことが学習する上での障がいになってきます。

 

大事なことは先程も書いたのですが、

・左右の脳がそれぞれに機能をしている。

・しかも左右の脳が協調した動きが出来ている。

この2つになるかと思います。

但し、この2つが出来ない原因がと言うのが非常に大切になります。

そして、どのようにこの2つの機能をしっかりと獲得するかがポイントになります。

 

なんだか、本の内容をそのまま書いてしまっているみたいで自分自身心配になってきましたので、今日はこの辺で。

また気が向いたらアウトプットをしていきたいと思います。

 

次回は「発達のピラミッド」についてですね。

#34 覚悟さえ決めれば、たいていのことはできる

久しぶりに専門書ではなくこういったビジネス書を読みました。

たまたま施設のスタッフルームの棚にあってピンときた本でしたので手に取って読んでみました。

 

f:id:kani25:20180911014636j:plain

 

さて、この本の著者である「松井忠三」さんは無印良品を展開する良品計画会長です。

東京教育大学(現・筑波大学)体育学部卒業後、西友ストアー(現・西友)に入社し、1992年に良品計画へ異動しました。その後、総務人事部長、無印良品事業部長を経て、初の減益を出した直後の2001年に社長に就任。わずか2年でV字回復を成し遂げ、2007ん円には過去最高売上(当時)を達成した方になります。

この本では松井さんがV字回復をするまでにいったいどんなことを行ったのかなどが記されています。

 

タイトルだけを見るとなんだか古臭い精神論の様に聞こえるかもしれませんが、まず何よりも「覚悟」を決めることは大切なことです。

この覚悟とは常に持てば良いというわけではなく、大きなことをやる時に持たなければならないものになります。

そして、そういった強い覚悟を持った人には大きな仕事が舞い込んできます。

あとは覚悟をもってその仕事をやり遂げることが出来るかだけだと思います。

僕の場合は「大阪の店舗を立て直す」という大きなタスクを与えらえれて大阪に異動していきました。この時も移動の打診がある前から「いつかは大阪に異動するんだろうなぁ。いや、しないとダメだなぁ」と考えていました。

2017年は千葉と大阪を行き来しながら遠隔で各スタッフへ指示出しをし、取り組みが行えているのかを逐一チェックしていました。大阪に来た時には現場の感じや研修などを行うことがメインとなっていましたが、やはりそれにも限界を感じていました。

そんな時に舞い込んで来たのが異動の打診です。準備をしていたといは言え自分の中では来年度くらいから。みたいな感じで悠長に構えていましたが実際はそんなことはなく来月から言ってくれと言った感じでした。

話が少し逸れそうになってきましたが、やはりそういった想いの人のところには話が舞い込んできます。

そしてそれを覚悟をもって出来るかどうか。

僕自身相当な覚悟をもって2018年大阪にいます。

目標が達成できなかった時にはどうなるかは分かりませんが、

チーフ降格、減給などいろいろと想定をしていますし、それくらいの覚悟でいます。

自分を追いつめているわけではないですが、責任ある役職に立たせてもらってそれ相応のお金をもらって仕事をしているのそういう想いをもって責務を全うしています。

 

f:id:kani25:20180911014933j:plain

 

本の内容と外れましたが、僕自身そういった覚悟があるため、この本のタイトルに引き込まれました。

そしてこの本には、

①「覚悟」を決めて、仕事の本質をつかめ

②「勝てるチーム」に変えるリーダーシップの取り方

③実行する組織を作る方法

無印良品「V字回復の3年間」何をしていたか?

⑤未来を変える「松井式」目標達成方

が書かれています。

チームのリーダーとして何が必要なのか、今の僕に必要なことがたくさん書いてありました。

リーダーとして2つ上の目線で周りを見ていくことが大事とあります。僕のポジションからしたら「常務取締役」が2つ上の立場なのですが、正直常務取締役の仕事がいまいち分からないので「社長(経営者)目線」を持って考えていこうと思っています。

そのためにもいろんな社長さんの本を読みながらいろいろな考え方や知見を身に着けて人間としても成長したいと思っています。

いや、成長していきます。

 

以上

#33 蜂に刺されたら

タイトルを見て「蜂に刺されたの?」と思った方もいると思いますが、僕は蜂に刺されていません。

サポートしているチームの選手が蜂に刺されたということです。

恥ずかしながら目の前で蜂に刺された人を見るのが初めてなものでどうして良いか分からなかったのが正直なところです。

そもそも本人も「いきなり背中がバチッ!としました。何に刺されたか分からないですが痛いです。。。」と言っていて何が原因なのかが分からなく戸惑ってしまいました。

蜂に刺された患部の状態はどんな感じなのか?

どんな症状を訴えるのか?

応急処置はどうすれば良いのか?

冷静を装いながら冷や汗ダラダラ…

とりあえず、患部の状態チェック。その後は問診。

痛みはあるか?どんな痛みか?しびれはないか?気持ち悪くないか?

局所的な強い痛みはあるが痺れはない。しかし、気分は悪くなってきている。

と言った感じ。

あとは蜂の針が残っていないかチェック。毒もあったら大変なため、患部を水で洗い流しながら血を出していく。その後は痛みがあるためアイシング。

その後はどうすれば良いのか分からず、とりあえず119。

救急車に乗って選手とともに病院へ。

結果、毒などはないが蜂に刺されたとのことで終了。薬をもらって選手とともにグラウンドへ。

 

さて、実際蜂に刺された際にはどのように対処をすれば良いのか?

また現場で同じようなことがあっても大丈夫な様に調べてみました。

①刺された傷口を流水でよく洗い流す。蜂の針が残っているようであればそっと抜く。

②傷口から毒をしぼり出す。

③抗ヒスタミン軟膏などを塗り、冷やす。

④息苦しさや口の渇き、冷や汗、めまい、血圧低下、しびれ、嘔吐、じんましんなどのショック症状が現れた場合は、一刻も早く救急病院で医師の診察を受ける。

と、上記の対応になります。

②で、「口で毒を吸い出す」とあったのですが、危なくて出来ません。

 

身近にいる蜂ですが、あまり刺されたことがないため自分自身イメージが湧きませんでしたが、今後も同じようなことが起きることは充分にあります。

同じことが起きてもテンパらないようにしっかりと準備と処置が出来るようにしないといけませんね。

 

一つ良い経験をしたと思えば得ですね。

 

以上

#32 動作の評価

人員不足解消され、月に5~6回は休みがもらえるようになったのですが、結婚式などの影響で金欠で困っている自分です。

ご祝儀包むのと交通費だけで結構馬鹿になりませんので。。。

 

さて、3ヶ月以上も間が空いての更新になります。

この3ヶ月で3つのセミナー・講習会に参加しました。

①感覚統合と運動(愛知)

②PRIポスチュラルリストレーション(広島)

③SFMA講習会(福岡)

この3つに行くのにもお金はそれなりにかかっているのですが、、、自己投資と考えれば安い方です。これから出した分が返ってくるはずなので。

 

さて、今回は③に関してアウトプットをしていきます。

SFMAとはSelective Functional Movement Assessmentの略になります。

どんなことかと言うと、「動作を分類し、バイオメカニカルな検査を必要とする部位を意識し、最終的には徒手療法と運動療法による介入を方向づける包括的なアセスメントである」と書いてあります。

要は最後の一文が示してくれている通り、クライアントが「徒手療法(治療)」が必要なのか「運動療法(エクササイズ)」が必要なのかを決定するための一つの手段になります。

とは言ってもアセスメントなんてものは世の中たくさんありますが、その中でなぜ「SFMA」を勉強しに行ったかと言うと「再現性」と「一貫性」があるかです。

 

施設で身体の評価をする際に問題が出るとすると、⑴「見えるスタッフ」と「見えないスタッフ」、⑵「引き出しのあるスタッフ」「引き出しのないスタッフ」が出てきます。

 

⑴に関してはこれは「経験値」と「センス」になります。例えばオーバーヘッドスクワットをしてもらった際には一部のスタッフは「骨盤が後継している」「肩の屈曲位が保持できてない」と言うのは見えるけど、一部のスタッフは「?」になってしまうか、言われてから「なるほど!」となることがあります。

⑵については「経験値」と「向上心」になります。教科書的な評価は当たり前に身に着けておいて欲しいのですが、学校で習う評価に関しては「スペシャルテスト」や「MMT」などになります。正直これだけだと限界があります。いろいろな人の身体を見たり、誰かの下でいろいろな学んでいる方であれば身についていますが、そうでない方の場合は難しいかと。自分オリジナルの評価法!みたいなものを使うのもありですが、そのためには解剖学を理解していない出来ませんし、一人で見る分には良いですがチームとして一人のクライアントを見るとなると再現性にかけるため現実的ではないかと。

 

これら⑴⑵を解決するために特に施設で働いていると上記のことが必ず出てきます。

これが続けばやっぱり経験値のあるスタッフ、年数の長いスタッフにクライアントがつきやすくなってしまます。(人間性は抜きとして)

そうならないためにも、1年目のスタッフが見ても3年目のスタッフの誰が見ても同じ評価内容になるようなシステムが必要になりました。

それを解決してくれるのが「SFMA」と言うわけです。

動作パータンの評価を行い、その後に部分の評価を行い、真の原因を見つけ出す。

 

例えば「前屈」が出来ない人(つま先に手がつかない人)の理由は何でしょうか?

一般的に考えれば「ハムストリングス(太ももの裏)が硬い」ことが考えられるでしょう。

でも、本当はもっと違うところに原因があるかもしれません。

ハムストリングスの硬さ」「背骨の硬さ」「重心移動」「コアのスイッチ」など諸々原因はあります。この原因をしっかりと見つけることによって初めてちゃんとしたアプローチがかけられます。

SFMAも各動作パターンに対して、評価のフローチャートが存在するため原因を見つけやすいのはそうですが、流れとしてもスムーズに行えます。

 

このシステムを運用してからかなり楽になりました。

特に1年目スタッフの作成したプログラムのフィードバックとアドバイスが楽になりました。評価項目も決まっているためそれに合わせてメニューを当て込んでいけばいいためです。もちろん評価結果に対する解釈の仕方に関して説明しますが、全員が全員同じ評価を行うことで業務効率もフィードバックの質も格段に向上しました。

 

やっぱりシステムをしっかりと構築することはかなり大事ですね。

そしてそのシステムを強固なものにするためにも定期的にメンテナンス(ブラッシュアップ)していくことが大切です。

SFMAも毎年内容がブラッシュアップされているみたいですので、僕も置いて行かれないように定期的にメンテナンスに参加していきます。

 

久しぶりの投稿でした。

次回はこれの続きかも。。。

#31 左右差について

人員不足により1ヶ月以上休みなく働いている私です。

ちなみにGWまで休みはありません。

ちなみにもっと言うとシフトを作っているのは自分です。

 

さて、昨日ジムで独立リーグに所属している選手と話をしていたのですが、

「右投手と左投手って身体の使い方違いますよね?」

と、ついこの間「Number」のコラムに上がっていた内容を聞いてきました。

もちろん私の答えは「Yes」です。

そもそも人間の身体は左右非対称で出来ています。

何でかと言うと、一番は内臓の位置にあります。

特に心臓と肝臓の位置なんかはかなり影響を受けます。

 

なぜかというと、心臓は横隔膜の上にあり、肝臓は横隔膜の下にあります。

肝臓は右の横隔膜の構造的支えとなり、右横隔膜が呼吸筋として望ましい位置に保つことができます。一方、左の横隔膜の下には肝臓はなく、更に右に比べ小さい筋肉のため、非収縮時にドーム状で休むべき筋肉が収縮時の平らな状態にとどまり、オーバーアクティブになってしまいます。

これによって、左の横隔膜は吸気(息を吸う)の際に肋骨を上げて開くアドバンテージを失ってしまい、左腹壁を抑制させてしまう傾向があります。

結果、左腹壁(内腹斜筋、腹横筋)が弱くなってしまいます。

と言うことは、左に比べて右のお腹周りの筋肉が強いため、体幹(脊柱)を右に回旋させてしまう傾向があります。

体幹が右に回旋されることで他の部分にも影響が出てきます。

例えば骨盤を含めた下半身です。

体幹が右に回旋しているというとは、その土台の下半身もどうように回旋が起きているといえます。

そこで注目したいのが骨盤です。体幹が右に回旋することで左右の骨盤も回旋を起こします。

左の骨盤(寛骨)は前傾して前方回旋をし、右の骨盤(寛骨)はその逆の動きをします。そうなることで相対的に左股関節は外旋位となり、右の股関節は内旋位となります。そうなってくると常に収縮をして筋肉と、収縮していない筋肉が出てきます。

要は常に頑張っている筋肉と、休んでいる筋肉が出てくるということです。

 

ここで話を一回戻すと、「右投手と左投手の身体の使い方」は上の説明と併せれば全然違うのは分かりますよね?

ステップ脚が右と左で違いますし、軸足だって違う。そもそも投げる手も違うので安定しやすい方と安定しにくい方とが出てきます。そうなってくると必然的に体の使い方は変わってきます。それも意識的でなく、無意識的にですよね。

さらにさらに、トレーニングのやり方に関してもこの「左右非対称」と言うものを考えたトレーニングなんかも大事になってくるわけです。

そんなトレーニングを行って「頑張り過ぎている筋肉」を休ませ、「休んでいる筋肉」を働かせるような身体にもっていってからトレーニングや競技の練習なんかをすると怪我のリスクを下げることもできますし、パフォーマンスの向上にも繋がります。

大事なことは左右差を無くすことだけでなく、どちらかにスタック(偏って)しまっている状態を改善するということになります。

身体を右に捻じることは出来るけど、左には捻じれないなどがあればスポーツはもちろんですが、日常生活にも影響が出ますよね。

そういったものをしっかりと改善していくことをやるのが大事ですね。

 

と言う感じで独立リーガーには話をしました。

勉強熱心ではあるのですが、頭が固い子なのでどこまで理解してもらえたかは分かりません(笑)

 

今回、ブログにこの内容を上げたのは一応自分の頭で整理をするために挙げました。

本当はもっともっと細かいので、また機会があれば自分の頭を整理すために記事にしたいと思います。

 

以上