~タイトルはこれから~

自分の成長を感じるために、感じたこと、思ったことを文字に残します

#34 覚悟さえ決めれば、たいていのことはできる

久しぶりに専門書ではなくこういったビジネス書を読みました。

たまたま施設のスタッフルームの棚にあってピンときた本でしたので手に取って読んでみました。

 

f:id:kani25:20180911014636j:plain

 

さて、この本の著者である「松井忠三」さんは無印良品を展開する良品計画会長です。

東京教育大学(現・筑波大学)体育学部卒業後、西友ストアー(現・西友)に入社し、1992年に良品計画へ異動しました。その後、総務人事部長、無印良品事業部長を経て、初の減益を出した直後の2001年に社長に就任。わずか2年でV字回復を成し遂げ、2007ん円には過去最高売上(当時)を達成した方になります。

この本では松井さんがV字回復をするまでにいったいどんなことを行ったのかなどが記されています。

 

タイトルだけを見るとなんだか古臭い精神論の様に聞こえるかもしれませんが、まず何よりも「覚悟」を決めることは大切なことです。

この覚悟とは常に持てば良いというわけではなく、大きなことをやる時に持たなければならないものになります。

そして、そういった強い覚悟を持った人には大きな仕事が舞い込んできます。

あとは覚悟をもってその仕事をやり遂げることが出来るかだけだと思います。

僕の場合は「大阪の店舗を立て直す」という大きなタスクを与えらえれて大阪に異動していきました。この時も移動の打診がある前から「いつかは大阪に異動するんだろうなぁ。いや、しないとダメだなぁ」と考えていました。

2017年は千葉と大阪を行き来しながら遠隔で各スタッフへ指示出しをし、取り組みが行えているのかを逐一チェックしていました。大阪に来た時には現場の感じや研修などを行うことがメインとなっていましたが、やはりそれにも限界を感じていました。

そんな時に舞い込んで来たのが異動の打診です。準備をしていたといは言え自分の中では来年度くらいから。みたいな感じで悠長に構えていましたが実際はそんなことはなく来月から言ってくれと言った感じでした。

話が少し逸れそうになってきましたが、やはりそういった想いの人のところには話が舞い込んできます。

そしてそれを覚悟をもって出来るかどうか。

僕自身相当な覚悟をもって2018年大阪にいます。

目標が達成できなかった時にはどうなるかは分かりませんが、

チーフ降格、減給などいろいろと想定をしていますし、それくらいの覚悟でいます。

自分を追いつめているわけではないですが、責任ある役職に立たせてもらってそれ相応のお金をもらって仕事をしているのそういう想いをもって責務を全うしています。

 

f:id:kani25:20180911014933j:plain

 

本の内容と外れましたが、僕自身そういった覚悟があるため、この本のタイトルに引き込まれました。

そしてこの本には、

①「覚悟」を決めて、仕事の本質をつかめ

②「勝てるチーム」に変えるリーダーシップの取り方

③実行する組織を作る方法

無印良品「V字回復の3年間」何をしていたか?

⑤未来を変える「松井式」目標達成方

が書かれています。

チームのリーダーとして何が必要なのか、今の僕に必要なことがたくさん書いてありました。

リーダーとして2つ上の目線で周りを見ていくことが大事とあります。僕のポジションからしたら「常務取締役」が2つ上の立場なのですが、正直常務取締役の仕事がいまいち分からないので「社長(経営者)目線」を持って考えていこうと思っています。

そのためにもいろんな社長さんの本を読みながらいろいろな考え方や知見を身に着けて人間としても成長したいと思っています。

いや、成長していきます。

 

以上

#33 蜂に刺されたら

タイトルを見て「蜂に刺されたの?」と思った方もいると思いますが、僕は蜂に刺されていません。

サポートしているチームの選手が蜂に刺されたということです。

恥ずかしながら目の前で蜂に刺された人を見るのが初めてなものでどうして良いか分からなかったのが正直なところです。

そもそも本人も「いきなり背中がバチッ!としました。何に刺されたか分からないですが痛いです。。。」と言っていて何が原因なのかが分からなく戸惑ってしまいました。

蜂に刺された患部の状態はどんな感じなのか?

どんな症状を訴えるのか?

応急処置はどうすれば良いのか?

冷静を装いながら冷や汗ダラダラ…

とりあえず、患部の状態チェック。その後は問診。

痛みはあるか?どんな痛みか?しびれはないか?気持ち悪くないか?

局所的な強い痛みはあるが痺れはない。しかし、気分は悪くなってきている。

と言った感じ。

あとは蜂の針が残っていないかチェック。毒もあったら大変なため、患部を水で洗い流しながら血を出していく。その後は痛みがあるためアイシング。

その後はどうすれば良いのか分からず、とりあえず119。

救急車に乗って選手とともに病院へ。

結果、毒などはないが蜂に刺されたとのことで終了。薬をもらって選手とともにグラウンドへ。

 

さて、実際蜂に刺された際にはどのように対処をすれば良いのか?

また現場で同じようなことがあっても大丈夫な様に調べてみました。

①刺された傷口を流水でよく洗い流す。蜂の針が残っているようであればそっと抜く。

②傷口から毒をしぼり出す。

③抗ヒスタミン軟膏などを塗り、冷やす。

④息苦しさや口の渇き、冷や汗、めまい、血圧低下、しびれ、嘔吐、じんましんなどのショック症状が現れた場合は、一刻も早く救急病院で医師の診察を受ける。

と、上記の対応になります。

②で、「口で毒を吸い出す」とあったのですが、危なくて出来ません。

 

身近にいる蜂ですが、あまり刺されたことがないため自分自身イメージが湧きませんでしたが、今後も同じようなことが起きることは充分にあります。

同じことが起きてもテンパらないようにしっかりと準備と処置が出来るようにしないといけませんね。

 

一つ良い経験をしたと思えば得ですね。

 

以上

#32 動作の評価

人員不足解消され、月に5~6回は休みがもらえるようになったのですが、結婚式などの影響で金欠で困っている自分です。

ご祝儀包むのと交通費だけで結構馬鹿になりませんので。。。

 

さて、3ヶ月以上も間が空いての更新になります。

この3ヶ月で3つのセミナー・講習会に参加しました。

①感覚統合と運動(愛知)

②PRIポスチュラルリストレーション(広島)

③SFMA講習会(福岡)

この3つに行くのにもお金はそれなりにかかっているのですが、、、自己投資と考えれば安い方です。これから出した分が返ってくるはずなので。

 

さて、今回は③に関してアウトプットをしていきます。

SFMAとはSelective Functional Movement Assessmentの略になります。

どんなことかと言うと、「動作を分類し、バイオメカニカルな検査を必要とする部位を意識し、最終的には徒手療法と運動療法による介入を方向づける包括的なアセスメントである」と書いてあります。

要は最後の一文が示してくれている通り、クライアントが「徒手療法(治療)」が必要なのか「運動療法(エクササイズ)」が必要なのかを決定するための一つの手段になります。

とは言ってもアセスメントなんてものは世の中たくさんありますが、その中でなぜ「SFMA」を勉強しに行ったかと言うと「再現性」と「一貫性」があるかです。

 

施設で身体の評価をする際に問題が出るとすると、⑴「見えるスタッフ」と「見えないスタッフ」、⑵「引き出しのあるスタッフ」「引き出しのないスタッフ」が出てきます。

 

⑴に関してはこれは「経験値」と「センス」になります。例えばオーバーヘッドスクワットをしてもらった際には一部のスタッフは「骨盤が後継している」「肩の屈曲位が保持できてない」と言うのは見えるけど、一部のスタッフは「?」になってしまうか、言われてから「なるほど!」となることがあります。

⑵については「経験値」と「向上心」になります。教科書的な評価は当たり前に身に着けておいて欲しいのですが、学校で習う評価に関しては「スペシャルテスト」や「MMT」などになります。正直これだけだと限界があります。いろいろな人の身体を見たり、誰かの下でいろいろな学んでいる方であれば身についていますが、そうでない方の場合は難しいかと。自分オリジナルの評価法!みたいなものを使うのもありですが、そのためには解剖学を理解していない出来ませんし、一人で見る分には良いですがチームとして一人のクライアントを見るとなると再現性にかけるため現実的ではないかと。

 

これら⑴⑵を解決するために特に施設で働いていると上記のことが必ず出てきます。

これが続けばやっぱり経験値のあるスタッフ、年数の長いスタッフにクライアントがつきやすくなってしまます。(人間性は抜きとして)

そうならないためにも、1年目のスタッフが見ても3年目のスタッフの誰が見ても同じ評価内容になるようなシステムが必要になりました。

それを解決してくれるのが「SFMA」と言うわけです。

動作パータンの評価を行い、その後に部分の評価を行い、真の原因を見つけ出す。

 

例えば「前屈」が出来ない人(つま先に手がつかない人)の理由は何でしょうか?

一般的に考えれば「ハムストリングス(太ももの裏)が硬い」ことが考えられるでしょう。

でも、本当はもっと違うところに原因があるかもしれません。

ハムストリングスの硬さ」「背骨の硬さ」「重心移動」「コアのスイッチ」など諸々原因はあります。この原因をしっかりと見つけることによって初めてちゃんとしたアプローチがかけられます。

SFMAも各動作パターンに対して、評価のフローチャートが存在するため原因を見つけやすいのはそうですが、流れとしてもスムーズに行えます。

 

このシステムを運用してからかなり楽になりました。

特に1年目スタッフの作成したプログラムのフィードバックとアドバイスが楽になりました。評価項目も決まっているためそれに合わせてメニューを当て込んでいけばいいためです。もちろん評価結果に対する解釈の仕方に関して説明しますが、全員が全員同じ評価を行うことで業務効率もフィードバックの質も格段に向上しました。

 

やっぱりシステムをしっかりと構築することはかなり大事ですね。

そしてそのシステムを強固なものにするためにも定期的にメンテナンス(ブラッシュアップ)していくことが大切です。

SFMAも毎年内容がブラッシュアップされているみたいですので、僕も置いて行かれないように定期的にメンテナンスに参加していきます。

 

久しぶりの投稿でした。

次回はこれの続きかも。。。

#31 左右差について

人員不足により1ヶ月以上休みなく働いている私です。

ちなみにGWまで休みはありません。

ちなみにもっと言うとシフトを作っているのは自分です。

 

さて、昨日ジムで独立リーグに所属している選手と話をしていたのですが、

「右投手と左投手って身体の使い方違いますよね?」

と、ついこの間「Number」のコラムに上がっていた内容を聞いてきました。

もちろん私の答えは「Yes」です。

そもそも人間の身体は左右非対称で出来ています。

何でかと言うと、一番は内臓の位置にあります。

特に心臓と肝臓の位置なんかはかなり影響を受けます。

 

なぜかというと、心臓は横隔膜の上にあり、肝臓は横隔膜の下にあります。

肝臓は右の横隔膜の構造的支えとなり、右横隔膜が呼吸筋として望ましい位置に保つことができます。一方、左の横隔膜の下には肝臓はなく、更に右に比べ小さい筋肉のため、非収縮時にドーム状で休むべき筋肉が収縮時の平らな状態にとどまり、オーバーアクティブになってしまいます。

これによって、左の横隔膜は吸気(息を吸う)の際に肋骨を上げて開くアドバンテージを失ってしまい、左腹壁を抑制させてしまう傾向があります。

結果、左腹壁(内腹斜筋、腹横筋)が弱くなってしまいます。

と言うことは、左に比べて右のお腹周りの筋肉が強いため、体幹(脊柱)を右に回旋させてしまう傾向があります。

体幹が右に回旋されることで他の部分にも影響が出てきます。

例えば骨盤を含めた下半身です。

体幹が右に回旋しているというとは、その土台の下半身もどうように回旋が起きているといえます。

そこで注目したいのが骨盤です。体幹が右に回旋することで左右の骨盤も回旋を起こします。

左の骨盤(寛骨)は前傾して前方回旋をし、右の骨盤(寛骨)はその逆の動きをします。そうなることで相対的に左股関節は外旋位となり、右の股関節は内旋位となります。そうなってくると常に収縮をして筋肉と、収縮していない筋肉が出てきます。

要は常に頑張っている筋肉と、休んでいる筋肉が出てくるということです。

 

ここで話を一回戻すと、「右投手と左投手の身体の使い方」は上の説明と併せれば全然違うのは分かりますよね?

ステップ脚が右と左で違いますし、軸足だって違う。そもそも投げる手も違うので安定しやすい方と安定しにくい方とが出てきます。そうなってくると必然的に体の使い方は変わってきます。それも意識的でなく、無意識的にですよね。

さらにさらに、トレーニングのやり方に関してもこの「左右非対称」と言うものを考えたトレーニングなんかも大事になってくるわけです。

そんなトレーニングを行って「頑張り過ぎている筋肉」を休ませ、「休んでいる筋肉」を働かせるような身体にもっていってからトレーニングや競技の練習なんかをすると怪我のリスクを下げることもできますし、パフォーマンスの向上にも繋がります。

大事なことは左右差を無くすことだけでなく、どちらかにスタック(偏って)しまっている状態を改善するということになります。

身体を右に捻じることは出来るけど、左には捻じれないなどがあればスポーツはもちろんですが、日常生活にも影響が出ますよね。

そういったものをしっかりと改善していくことをやるのが大事ですね。

 

と言う感じで独立リーガーには話をしました。

勉強熱心ではあるのですが、頭が固い子なのでどこまで理解してもらえたかは分かりません(笑)

 

今回、ブログにこの内容を上げたのは一応自分の頭で整理をするために挙げました。

本当はもっともっと細かいので、また機会があれば自分の頭を整理すために記事にしたいと思います。

 

以上

#30 今年2度目のトレーニングへ

2ヵ月ぶりくらいの更新になっちゃいました。

バタバタ、バタバタしていブログを書こうという気持ちが向きませんでした。

忙しいからとか、時間がないからとかではなく、「気持ちが向かなかった」ということです。

そんなに強調することでもないですね。

 

さて、今日は3月唯一の休みを利用して京都へトレーニングに行ってきました。

久しぶりのトレーニングということで若干の緊張と楽しみと不安に襲われながら、烏丸御池駅を降りてジムに向かいました。

が、自分の中では道を覚えているつもりでしたが道に迷うというハプニング。

「あれ?こんな道は見たことないぞ?」と思いながらさまようこと10分。

やっと見覚えのある道に出ました。ただ、道を曲がるタイミングを間違えただけという。

そんなこともありながらも無事にジムについてさっそくトレーニング。

本日も「減速動作」をテーマにトレーニング。

 

・IT Band Relaese(Vyper)

・Thoracic Extension(Vyper)

・Prelzels

・90/90 Hip Lift

・Rat St(Quadluped)

・Rolling(Front/Back)

・3month Position(Side)

・Gluteus St(PP)

・Quadluped Keep+Breath(PP)

・Diagonal Reach(PP)

・Hip Rotation①(Quadluped)

・Hip Rotation CARS①(Quadluped)

・Half Kneeling on Beam

・Half Kneeling on Beam Single Arnold Press

・T-Rotation(Tube)

・Lateral Lunge①(Cable)

・Lateral Lunge②(Cable)

・Side Step

 

今回はこんな感じでした。

自分のステップの下手さにびっくりとスピードの無さに落ち込む…

しっかりとトレーニングしてスピードを上げて良い感じに仕上げたいと思います。

 

以上

#29 今年最初のトレーニング

2018年最初のトレーニングを京都にあるパーソナルトレーニングジム「Improve KYOTO」にて行ってきました。

去年、大阪に移り住んですぐにお世話になっています。

京都市にあるおしゃれなマイクロジムで、落ち着いてトレーニングに集中できるスペースがあります。

場所としてはそこまで広くはなく、ベンチ台、ケーブルマシン、パワープレート、パワーラックなど必要最低限の器具が揃い、3人パーソナルトレーニングをするのが限界ではあるのですが、すぐ隣にグループエクササイズが行える全面人工芝のスペースまであるという羨ましさ。

 

さて、2018年最初のトレーニングは去年からお願いしている「Movement」トレーニングで「Deceleration(減速)」をテーマに行っています。

とは言ってもいきなり走って、止まっての練習をするわけではありません。

まずは「減速動作」を分解したトレーニングを行っていきます。

減速動作も連続する動きの中で下肢のトリプルフレクションを使い、体幹のコントロールを行う必要があります。

 

その中で最も大事なこととして「Hip Hinge」(股関節の屈曲)があります。

これを適切に行えないことには膝を痛める、腰を痛めるなど様々な障害に繋がってきます。(実際僕はまだ上手く出来ないので腰にかなりの疲労感を感じました…)

と言うことで「Hip Hinge」を獲得するための股関節のMobility、脊柱のMobilityの獲得、呼吸の適正化、両側でのHip Hinge、片側でのHip Hinge、Ded Lift、ケーブルを利用してのHinge(Loading)、ケトルベルスイングなどなどいろんことをしました。

正直ヘロヘロになり最後はクタクタ、、、なんだか自分が情けなく感じてしまった。

そんな情けなさもありつつもたくさんの発見もあったので充実した時間を過ごすことが出来ました、

まずは自分自身がやっていることが大事ですからね。出来ないことを人に教えたらいけません。出来るようになるまで自分でしっかりと練習をして見せらるようになる。

そして、実践した人間だからこそ分かるトレーニングのしんどさ。

これはやらないと絶対に分かりません。これを経験するのとしないのとではトレーニングに対する説得力が全然違います。クライアントや選手がどのような気持ちでトレーニングをしているのかが分かれば、どんな声をかけ、どのタイミングで声をかけるのが適切なのかもなんとなく分かってきます。

とにかく実践することにつきますね。

なのでひたすら練習をします。

あんまりまとまりがない文章になってしまいましたが気にしない。

 

最後に今日やったトレーニングを忘れないように文章で残します。(名前が不明なものをなんとなくで)

・Gluteus&Pirifomis St(Tube)

・Ilio Dynamic St(Tube)

・IT Band Release(Vyper)

・Thoracic Extension(Vyper)

・Pretzels

・Respiration(8sec-in 8sec-stop 8sec-out)

・3month-Position(Front-Back-Side)

・Leg Lowering(Waterbag)

・Quadruped-Deep Breth-Rotaiton

・Planck Position-Hip Hinge-Single leg Extension-Flexion(Contra-Ipusi)-Respiration

・Half Kneeling Hold on beam

・Half Kneeling Single Dumbbell Push

・Tall Kneeling GM(Tube̟̟+15kg)Normal-Quick

・Dead Lift

・Single Leg RDL(Waterbag-Kettlebell(Ipusi))+(Tube)

・Bear Walk

・Cable Stop+Pull

 

頑張って英語にしましたが、合っているかどうかどうでも良いです。

「英語にした」ということに意味があるということで。

 

これから1ヶ月頑張ってまた2月に行ってきたいと思います。

 

以上

#28 2018年の目標

みなさんあけましておめでとうございます。

2018年になりましたね。

 

2017年はいろいろとありましたが、無事に怪我や病気などもせずに2018年を迎えることが出来ました。

月に2回の大阪出張から大阪への完全異動など環境が目まぐるしく変わった年でもありました。

2018年は今まで住んだこともない大阪という地が僕の活動拠点になります。

慣れない大阪という地、慣れない関西弁、慣れないことばかりでストレスが溜まっていつか爆発しそうですが別のことにぶつけたいと思います。

 

さて、そんな2018年ですがせっかくなのでテーマを決めたいと思います。

 

【勇往邁進】

目的・目標に向かって、恐れることなくまっしぐらに前進すること。

「勇往」とは、勇んで前に進むこと。「邁進」とは、ひるまずに勇ましく進むこと。

 

NHKである高校生たちが習字パフォーマンスで書いていた言葉です。

なんだかすごくすんなり頭に入ってきたため、今年のテーマはこれで行こう!と決めたました。

これまでは関東にいたため比較的様々なセミナーに参加しやすかったです。

関西開催が関東開催に比べて少ない(僕が参加したいセミナーがほとんど関東の)ため、九州、中部、東海、関東、東北など様々な地域に飛び回っていこうと考えています。

たくさん行けばよいわけではありません。

どんなに良いセミナー、良い講師の方がいても参加する側の自分が「何を吸収するか」などをしっかりと持っていなければ何の意味もありません。

しっかりと目的を持ち、吸収すべきものを吸収し、インプット→アウトプットを繰り返し行いたい自分の成長に繋げていきます。

 

ということで早速3月に仙台で行われるセミナーがあるので、行ってきたいと思います。とりあえず3日間ですね。たくさんのスタッフが辞めるためシフト的にしんどい感じになる部分もありますがわがまま言って出させてもらいたいと思います。

 

2018年もワクワク、ドキドキする1年にしたいと思います。

自分が楽しまなければ周りも楽しくないですね。

 

2018年も楽しみます。

 

以上